“舞台に立とう” から “これからの WordPress の話をしよう” へ 【WordCamp のリレーブログ】


wct

WordCamp のリレーブログ

WordCamp Tokyo 2014 が10月11日(土) 大田区産業プラザPioにて開催されます。
この記事は WordCamp Tokyo 2014 のリレーブログとして投稿します。

WordCamp ってなに?という人は、下記をご覧ください。

WordCampとは
WordCamp はローカルコミュニティが運営するカジュアルなスタイルのカンファレンスです。世界中で6000万以上のサイトで使われている無料のオープンソース・パブリッシング・ソフトウェア、WordPress に関連する様々なトピックが扱われるイベントです。
詳しくはこちらをご覧ください。どれも大切なことなので、ぜひ読んでみて下さい
概要 | WordCamp Japan
WordCamp の内容 | WordCamp Japan

この WordCamp Tokyo 昨年の2013は私が実行委員長を務めました。その時のコンセプトは “舞台に立とう” でした。

なるべく多くの参加者が、いろんな舞台(パネルセッション・アンカンファレンス・ハンズオン・LT・ボランティアなど)に立って楽しんでもらいたい!という願いを込めて「舞台に立とう」というコンセプトに決定いたしました。 – 2013の開催概要

この時に、実際にスタッフを行ったりした人たちが今年の実行委員の中心メンバーを務めています。前回のコンセプトがそのまま伝わって、舞台に立って、そして今年はそれをさらに推し進めてくれているとすればこんなに嬉しいことはありません。

今年の WordCamp Tokyo 2014 は “これからの WordPress の話をしよう” です。

WordPress に関わってきた人や、これから使おうとしているブロガー、デザイナー、プログラマー、エンジニア、みんなが集まって、それぞれの考えや希望を元に、様々な未来を考えてワクワクする WordCamp Tokyo 2014にしたい。

WordPress の未来がどうなるのか。それを自分たちのこととして考えて、作っていけるのが オープンソースとしての WordPress の魅力ですね。参加することで、沢山の刺激を受けられるとおもいます。これまでに参加したことのある人も、まだ参加したことのない人も、もしご予定が会うようでしたら、ぜひご参加ください。私ももちろん参加します。会場でお会いできることを楽しみにしております。

これからの WordPress の話をいっしょにしませんか?