Markdown で Syntax Highlighter を利用時に言語の設定 WordPressの記事内でソースコードを綺麗に見せる。


WordPressで記事を書くときに、ソースコードを見やすく表示するためのテクニックです。以前の記事 Markdown記法 とりあえずこれだけ覚えれば大丈夫 基本のチートシートと合わせてMarkdownでの記述における説明です。

利用プラグイン

Syntax Highlighter

  • Syntax Highlighter for WordPress
    • 他にも複数の Syntax Highlighter 系プラグインがありますが、JetPack の Markdown と併用でソースを記載した際に、うまく表示されるのはこのプラグインだけでした。

Markdown

  • Jetpack
    • Markdown で本文が記載できます。便利

Syntax の設定方法

Markdown でソースを書くときは

``` ← 半角
ソースコード
``` ← 半角

としますがこの際に最初の ``` の後に言語の設定を表記します。

html の場合

```html
html のソースコード
```

php の場合

```php
php のソースコード
```

javascriptの場合

```jscript
javascript のソースコード
```

javascriptについて js や javascript ではNGでした。これらは直接貼り付ける方法ですが最近は一旦 Gist に投稿しておき、その後貼り付けるというような方法もありますね。

参考

どちらでも便利な方で最適につかいまわしたいものです。