Wordbench Tokyo 2012 「WordPressでYahoo!APIを使ってみよう!」by 星野邦敏(@khoshino)メモ


■WordPressでYahoo APIを使ってみよう
星野さん

ーー

本が出るよ!!

WordPress 3.x (速習デザイン)

APIってなあに?

ーー
例)ヤフーのDeveloperAPI一覧

ーー
震災関連情報
電力使用状況API
災害ボランティア検索API
電気予報API
写真保存プロジェクト 写真検索API
写真保存プロジェクト 地点検索API
写真保存プロジェクト 地域別件数取得API

こういうのを使えば
震災を忘れさせない、写真比較サイトとかが作れますよ!

ーーーー
YOLP(地図)

を使えば
今いるところから、近くの食事屋さんを
見つけるサイトなども作れるよ!

ーーーー
テキスト解析
日本語形態素解析

を使えば日本語を解析してくれるよ
具体的には
ラーメンの記事を書けばその中から”ラーメン”という
キーワードをつかって、”ラーメン”関連の記事を表示したり出来るよ!

ーーーー
ヤフーショッピングオークション

を使えば、それぞれの10数万件のデータを
自由につかえるよ!

これにバリューコマースのアフェリエイトをかませれば
ウハウハかもよ!
 
例えば”訳あり”というキーワードで集めた商品を
ダーッと掲載するお得サイトとか作れるよ!

その他にもいろいろアルよ。

では実際に使ってみよう!!

カスタムフィールドとWebAPIをうまく使う!

■基本的な使い方

カスタムフィールドに入れたデータを
そのまま表示させる
”get_post_ゴニョゴニョ”

■応用編

カスタムフィールドに入れたデータを
WebAPIに入れることで、いい感じにする!

例)
キーワード:カニ

○手順
”カニ”キーワードをカスタムフィールドに入れ。
そのキーワードをAPIで使う

ヤフーショッピングAPIをつかって
カニを検索する

ヤフーショッピングAPIがカニに関連する商品を探してくれる

WordPressの記事内にAPIが探してくれたカニ関連の商品を表示させる

■たった10の手順で出来るAPIのWordPressでの利用法

○1:WebAPI仕様書を確認する
○2:IDやKeyが必要なら取得する
○3:パラメーター(制約条件やソート順)を確認する
○4:XMLを生成のためのURLを作る
○5:XMLがただしく生成されているかどうかを確認
○6:simplexml_load_fileで分析
○7:生成されたレスポンスフィールドを確認し出力する項目を決める
○8:テーマに実装
○9:変更したい点だけをカスタムフィールドにあてがう post?custom(‘名前’)
○10:記事を投稿して、確認

■まとめ

さあ、オリジナルサイトをつくってみようぜ!

コメントを残す